自分が本当にやりたいことはなんですか?


ふとこんな疑問をもったことはありませんか?

就職して毎日業務を全うし、休日の楽しみもあるのに、日々の生活に虚しさを感じるときはあります。

なぜこんな疑問がうかぶのでしょうか?

なにがしたいかわからなくなる原因は今の生活とあなたの心の中の本当の欲求との摩擦にあるのではないでしょうか。

子供のころの夢はなんでしたか?

あなたの子供のころの夢、覚えていますか?

本当に小さいころの夢は覚えていないかもしれません。幼稚園や保育園のアルバムを見るとウルトラマンとか、戦隊もののヒーロー、ケーキ屋さん、お花屋さん。よく見ますよね。

職業ではなく車や新幹線になりたい!と書いてあったりするとふと笑いがこみあげてくるかもしれません。

この頃になりたいと思うものは、素直に自身が感じたかっこいいやかわいいという感情から出てきてるものですね。

では、あなたが小学校、中学、高校、大学と年を重ねたときの将来の夢はなんでしたか?

少し成長して、仕事としてやるならこれがいい!と目標にした夢はなんでしょう。

小学生、中学生のころはまだ社会の仕組みもあまりわかりません。あなたの才能、好きなことから夢の職業を目指していたのではないでしょうか。

高校から大学進学の際にはそれまでの考え方を少し変えて、専門分野からあなたのやりたいことを絞って就職活動をしたり、社会的な地位のことを考えて優秀な企業を探した経験があるかと思います。

人が成長して大人になっていく上での当然の決断です。

今、あなたがやりたいことやりたいと思うことは?

充実した日々の生活の中に

無事に就職活動も終えて見事社会人として働いてみてどうでしょう。

金銭面での自由度が多少アップして、アルバイトをして稼いでいたころからは想像もつかないような給料をもらえて満足しましたか?

趣味や娯楽にかけるコストが増えて楽しみも増えた一方で、働くことの難しさやおもしろみにも気づくことがありますよね。

プライベートでは好きなことをし、仕事では新しいことに挑戦したり、乗り越えたりしながら充実を感じていても、実はこんなこともあります。

本当の自分とのギャップに気づかないまま少しずつ辛くなっている

楽しい、充実している、と自分にウソをついてませんか?

あなたが本当に手に入れたいものはなにか

あなたの心の中の本当の欲求は?

冒頭でも触れましたが、あなたの心の中で本当にしたいと思っていることはなんでしょう。

仕事が楽しい、給料がもらえるからいい

そう思っていたとしても将来思い描いているビジョンにギャップがあるのなら、心の中のもやもやは消えることはありません。

現在の生活のメリットは将来重荷になってくるかもしれません。あのときうごきだしていればと後悔しないように、少し自分に正直になって、本当にやりたかったことを振り返ってみてはいかがでしょうか。

転職という選択肢も

転職サイトをのぞいてみるのもいいかもしれません。

社会人になった今なら、以前では見えなかった選択肢も見えてきます。

昔やりたかった憧れの職業を見てもいいですし、働いてから興味のでた職業もありますよね。

現在の業務では物足りないのであれば転職してスキルアップの選択肢もあります。

現状にもやもやしながら過ごすよりも、今のうちに動き出すことによって人生を楽しむことができるかもしれません。

動き出すことができるのはあなただけです。ほかの人があなたを導いてくれることはないです。

今できることから始めてみてはいかがでしょうか。

404 NOT FOUND – うさあたま
仕事で悩める人を応援する

コメント

タイトルとURLをコピーしました