すぐに使える職場の飲み会を断る方法。ポイントは理由と断り方!

職場の飲み会を断るときの大事なポイント。理由と注意点

社会人になると飲み会の回数は増えます。同期の付き合いの飲み会や、忘新年会、上司に誘われることだってあります。

「友人との飲み会なら行きたいけど、会社の人との飲み会は少し苦手。」

「飲み会に行かないと悪い印象を与えないか不安。」

そんなことを考えている間に、参加することになっていたり、断り切れなくなってしまった経験がありませんか?乗り気でない飲み会ほど楽しくないものはありません。

嫌々参加して損をしないために、飲み会の断るときのコツをお伝えします。

すぐに使える飲み会の断り方【断る理由編】

飲み会には絶対に行きたくない場合

アルコールが体質的に合わない

会社の飲み会には絶対に参加したくないと決心しているのであれば、一番シンプルで効果的な理由です。

この作戦は飲み会に参加しているところを目撃されると完全に嘘がばれてしまうので、諸刃の剣とも言えますね。

急な誘いの場合

仕事終わり、自宅に帰ろうとしている時に誘われる場合の断り方です。このタイミングで誘われたときは、相手も断られることは想定しているため、少し断りやすいかもしれません。

先約がある

元からあった予定を優先する正当性を使って断ります。具体的な内容を伝えるなくても済むので、突然誘われた場合に使いやすいです。

あまりないケースですが、先約の内容を聞いてくる場合があります。聞かれたときに動揺して不自然な答えにならないように、自分の中で一つ理由を決めておくといいかもしれません。また、伝える相手によっては、先約の内容に不満を示す場合もあります。恩師と会う約束をしている。一人暮らしをしているのであれば、家族が来る、といった内容を準備しておきましょう。

体調が優れない

体調不良で飲み会に行っても迷惑をかけてしまうという理由で断ります。

職場で元気に働いていたのに、突然具合の悪い演技をするのも不自然ですので、頭痛や、風邪気味といった内容がいいでしょう。

毎回この理由で断っていると、「仮病を使っている」と信頼を失ってしまうため注意が必要です。

調子がいい時は飲み会に参加しておく

飲み会を毎回断っているとあまりいい印象を与えないことは確かです。断る理由もすべて嘘であれば、段々と相手も感づいてきます。仕事の関係で嘘がばれることは信頼関係を失うことに直結します。

本当に行きたくない飲み会を断るためにも、「今日は飲み会に行ってもいいかも!」と思える時には参加しておきましょう。

飲み会の断り方【伝え方編】

飲み会に行きたくないからといって、「行かないです」と即答すれば相手にもいい印象を与えません。そのときのたった一回の断り方で、仕事にも支障をきたすことは避けたいです。

飲み会を断るときは、相手に与える印象に気を配りましょう。

飲み会を断っても印象が悪くならない伝え方

  • 理由を伝える
  • 誘ってくれたことに対してのお礼を伝える
  • また誘ってほしいという意思表示

理由を伝える

どうしても外せない予定がある場合は、正直にそのことを伝えましょう。よっぽど昔気質の上司でもない限り、納得してもらえます。この時伝える予定は、日程の調整がつかないものが無難です。

この理由がない場合は建て前として、飲み会の断り方【断る理由編】を参考にしてください。

誘ってくれたことに対してのお礼を伝える

「行きたくない飲み会に誘われて、なぜお礼?」と違和感があるかもしれませんが、相手側は、「折角誘ってやったのに・・・」という思いもあるかもしれません。悪い印象を与えないためには、誘ってくれたことに対して感謝している、というスタンスを取ることが大事です。相手側も感謝されたのなら嫌な気はしないです。

また誘ってほしいという意思表示

最後に、また誘ってくださいと付け加えると、相手は避けられているという印象を感じません。もし自分の予定が空いている時があれば、その日を次の飲み会の予定に上げることで積極的にかかわっていきたい思いを伝えることができます。

例えば仕事終わり上司から飲みに行かないかと誘われたときはこう伝えましょう。

上司「〇〇。今日も頑張ったし、飲みに行こうか!」

あなた「すみません。今日は〇〇の予定があるので行けません。折角誘っていただいたのに申し訳ないです。次飲み会に行くときはぜひ声をかけてください。」

このように断って「もう二度と誘わないからな!」と言われてもジョークなので大丈夫です。苦手な相手であれば、ラッキーだと思いましょう。

飲み会に行かなくても仕事の評価は落ちない?

会社や上司によって様々なパターンが

飲み会の不参加が原因で給料を下げられる。こんなことはあってはならないことです。基本的にあり得ません。しかし、飲み会の参加を評価の一つとする場合もあります。

例えば、強制参加の飲み会は会社の業務の一つです。もちろん不参加であれば、参加した人と参加していない人では差が付きます。

上司が昔気質の人であった場合はどうでしょうか。

飲み会の参加は当たりまえ。参加しないなんてありえない。そう考えている人も少なからずいることでしょう。飲み会の不参加を理由に評価を下げることはなくても、不参加によって気を悪くして他を不当に評価するような人がいることは事実です。

そのような事態を避けるためには、自分の上司がどういった人か把握しておくことが重要です。

仕事で成果を出す

普段から仕事で成果を出していれば、飲み会を断る理由も増えてきます。仕事関係で予定が入っていれば、断っても仕方ないかと思わせることができるようになっていきます。

たとえ飲み会に参加しなくなっても、それ以上に成果を出していれば不当に評価を下げられることはありません。仕事ができるということは、コミュニケーションも仕事中に十分にとれているということです。飲み会に参加してコミュニケーションを深める、ということも強制されなくなっていきます。

無駄な飲み会に行かないために、仕事のモチベーションを上げるのもいいかもしれません。

すぐに使える職場の飲み会を断る方法と注意点

まとめ

・本音と建て前を使って、上手に断る
・断るときは、誘ってくれた人に配慮する
・評価が気になる場合は、会社が飲み会を重要視しているか考える
・上司が昔気質の人の場合は細心の注意を払う

嫌な飲み会を断ることができれば、自分の時間を確保することができます。断る際に相手にも配慮することで、自分も相手も嫌な思いをしなくて済みます。

これから断りたい飲み会の誘いが来たときは、この記事に書いてあることを思い返してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました