会社の飲み会に行きたくない!断る決め手は準備と断る心

会社の飲み会に行きたくないなら、断り方を考えましょう

会社で働いていれば、必ず飲み会はやってきます。

あなたが避けていても、春になれば花見の時期がやってきます。年末になれば忘年会が襲ってきます。飲み会があなたに向かって襲い掛かります。

会社の飲み会、人によって見方は様々。飲み会が好きな人は良いのですが、苦手な人にとっては苦痛でしかないですよね。そんな苦痛は消し去りましょう。

うまく飲み会を断ることができれば、あなたは苦痛を避けつつ、自分の時間を楽しむことができます!

会社の飲み会はうんざり!もう嫌だ!

聞いただけで寒気がする「飲みにケーション」

昔、飲み会好きの上司が「飲みにケーション」という言葉をよく使っていました。

「飲む」と「コミュニケーション」が合わさった造語ですが、飲み会が嫌いな人にとっては気持ちの悪い言葉ですよね。

上司が一生懸命提唱する飲みにケーションに参加しても、

予定になかった出費ができ、聞きたくもない武勇伝を聞かされ、その上夜遅くまで付き合わされる。

「これのどこがコミュニケーションなんだ!これじゃあただの接待じゃないか!」

飲み会にいい印象はなくなっていきました。

「だから嫌なんだ・・・」飲み会に行きたくないワケ

実際に飲み会に行きたくない人が挙げる理由には、こういったものがあります。

  • お金がかかる
  • 給料も出ないのに、仕事の延長のように思えるから
  • 愚痴・自慢話を聞かされる
  • 時間の無駄
  • 参加する意味がない

漠然と飲み会に行きたくないと考えている人は、行きたくない理由のうちのどれか(またはすべて)に当てはまるのではないでしょうか。

行きたくない理由が明確にあるのに、飲み会に行くなんてことは苦痛でしかありません。空いた時間やお金は、自分のために有意義に使いましょう。

苦痛しかない飲み会には「参加しない」

飲み会。→行きたくない。

と思考が展開されるのであれば今すぐに会社の飲み会にはいかない方向にシフトしましょう。

飲み会に行かないで、次の日に備えてしっかりと休息をとることもできます。自分の趣味に時間を割くことだってできます。

行きたくない飲み会には、行かなくていいのです。

行きたくない飲み会を上手に断る

友人との飲み会であれば簡単に断れるかもしれません。会社での飲み会だと何だか断りづらくなってしまいますね。仕事の関係が悪くなるのではないか。上司に悪い印象を与えたくない。そんな心配が出てきます。

大事なのは、相手に嫌な思いをさせない

「飲み会?行きたくないです。飲み会なんて無意味ですよ。」

こんな伝え方をしたら、飲み会には二度と誘われなくなります。おすすめです。

会社内での付き合いもあるので、ここは大人の対応をしましょう。誘ってもらえるということは、悪い事ではありません。折角のいい関係を崩す必要はありません。

断る理由は〇〇がシンプルで最強

絶対に飲み会に行きたくない場合は、お酒が体質的に合わないと伝えるのが効果的です。(既にお酒を飲んでいるところを目撃されていた場合は使えません。)

嘘をつくようで気が引けても、飲み会のストレスを受けないためです。本音と建て前をうまく使いこなしましょう。

断るときには、誘ってくれたお礼も付け加えるとなお良いです。相手に嫌な印象を持たれません。

すぐに使える職場の飲み会を断る方法。ポイントは理由と断り方!
社会人になると飲み会の回数は増えます。同期の付き合いの飲み会や、忘新年会、上司に誘われることだってあります。「友人との飲み会なら行きたいけど、会社の人との飲み会は少し苦手。」「飲み会に行かないと悪い印象を与えないか不...

会社の飲み会に行きたくない人は少なくない!

飲み会に行きたくない人はいっぱいいる!

近年飲み会に行きたくないという声が大きくなった背景には、SNSの普及が関係しています。ツイッターで「飲み会 行きたくない」と検索すればすぐに色んな意見が出てきます。

これは飲み会に行きたくないという風潮がツイッターによって広まったわけではなく、若い世代が会社の飲み会を特別嫌いなわけでもなく、昔からあった問題が表面化しただけです。

つまり、昔から会社の飲み会が苦手、嫌いな人がいたのです。

飲み会が苦手な人があなたの周りにいませんか?

あなたの職場に、あなたと同じように飲み会が嫌い・苦手だと言っている人がいませんか?いつも飲み会に参加していない人はいませんか?嫌々参加している人だっているかもしれません。

飲み会苦手仲間ができれば、行きたくない飲み会も断りやすくなります。参加人数が少なくなって飲み会の回数自体が減るかもしれません。

飲み会嫌いの上司がいたら…

同じ職場の上司で飲み会に参加しない人がいればその人に対処法を聞いてみるのもいいかもしれません。あなたに転職する予定がなく、今の会社で働き続けたいのであれば、その上司はあなたにとってかけがえのない飲み会に行かない師匠です。その人は飲み会に行かなくても評価されて、昇進しているとても分かりやすいモデルケースです。

もし見つけることができたなら、話を聞いてみましょう。”飲みにケーション”に頼らなくても話を聞いてくれることでしょう。

番外編:飲み会嫌い仲間が敵に!?

飲み会嫌い仲間の間では、しっかり連携を取るようにしましょう。

些細なことですが、誰か一人が飲み会に行かなくてはならない状況になったときに、その人は見捨てられた、利用されたと感じるかもしれません。

会社の中に思わぬ敵を作らないために、

飲み会の張り紙・連絡が来たら共有するようにする

もし誘われているようなら助け舟をだす

等、同盟内でもルールをつくっておくといいかもしれません。

仕事で成果を出す

飲み会だらけの新入社員

新入社員は何かと飲み会の機会が増えますよね。

飲み会に行く理由として、社内のコミュニケーションの活発化があります。お酒が入れば普段話しづらいことを話せたりします。業務時間ではできないプライベートの話も自然とできるようになるかもしれません。そうして新入社員との距離を縮めようというのが、コミュニケーション目的の飲み会の狙いです。

仕事中にコミュニケーションを取れていない人が飲み会に絶対参加しないとなれば問題です。新入社員が何かと飲み会に誘われがちになるのは、まだ上手く社内でのコミュニケーションができてない(と思われている)からです。

飲み会が嫌なら、バリバリ稼いで、「飲み会に行かなくてもいいキャラ」くらいになれば、飲み会に行かなくても文句を言われなくなっていきます。仕事上の団結は、仕事中に深めればいいのです。

会社の飲み会に行きたくない!断る決め手は準備と断る心のまとめ

  • 嫌な経験をするなら行かなくてもいい
  • 断るときは丁寧に
  • 飲み会嫌い仲間を作る
  • 飲み会嫌い上司は最高の味方

嫌な会社の飲み会を避けるために、以上のことを意識して過ごしてみてください。いきなり誘われた時でも、流されずに飲み会を断ることができるようになりますよ!

嫌な飲み会を断って、自分の好きなことに時間を費やしましょう!仕事のモチベーションも上がりますよ!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました